切手買取がネットでもできる時代

さても不可思議なのが切手の世界で、いま普通郵便なら82円の切手を貼れば、日本中どこでも封書を送ることができます。
切手にも額面82円と印刷されています。ところがこれを使わないでとっておくと、82円以上の価値が出たりします。これが記念切手や特殊切手と呼ばれるもので、デザインが美しいとか、発行枚数が決まっているとか、そのときにしか買えない、というので、切手商、スタンプショップなどでは82円以上の値段で売られていたりします。

たとえば古い50円切手を100円で買ったからといって、これを封書に貼って出すときにはやっぱり50円の価値しかありません。使わないことによって価値が出る。なんとも不思議な世界です。さらに輪をかけて不思議なのは、使ったあとでも価値の出ることすらあることで、使用済みの切手が高い値段で取引されたりもします。戦前の切手なんかは、古いというだけで価値が出ますので、使用済みであってもそれなりに値段がつきます。

よくわからないのが、何の変哲もない使用済み切手をほしがる人がいることで、他人が見れば1円の価値もないのにお金を出して買ったりする。切手そのものよりも、切手に押された消印を集める人々です。日本全国の郵便局の消印を集めるとか、自分が生まれてから今日までその日その日の消印を一枚づつ全て集めるとか、なんともまあマニアの世界の奥深いこと。

マニアの世界は世間一般とは価値基準が違っているようで、興味のない人には紙くずであっても、コレクターには垂涎のアイテムだったりします。特に切手収集はコレクションの初歩で手軽に始められる一方、その世界は幅広く奥深く、いったんはまりこむと底なしです。最近ではメールや各種SNSの普及で郵便は減りつつありますが、だからといってコレクターがいなくなるなんてことはなく、当たらし時代の新しい収集の世界がひろがっています。

ネット社会の今はhttp://切手買取宅配.netなんてサイトもあるので、昔と違って収集しやすいです。さても不可思議な切手の世界。ちょっとのぞいてみませんか?